忍者ブログ
らんま1/2の二次創作&日々の徒然なること…?
vitamin+
[20]  [19]  [18]  [16]  [10]  [17]  [9]  [6]  [15]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「乱馬、少しは隠して食べるってことしたら?」
「いーだろ、ひなちゃん先生の授業なんて、自習みたいなもんなんだから。あかねだって似たようなもんだろ」

授業が始まって早々、教師であるはずのひなちゃん先生こと二ノ宮ひな子は、黒板に落書きを始めたまま、生徒を放置していた。
毎度のことであり――気まぐれで時々授業にもなったが――慣れている周囲は、ここぞとばかりに睡眠を取ったり、別の授業の準備をしたり、漫画を読んだり、談話したり、と好き放題。
乱馬はというと、机に教科書を立ててはいるものの、お弁当箱を持ち上げて、食べることに夢中になっている。
かくいう注意したあかねも、先ほどの自習で出た宿題を広げているのだが。

「あたしは勉強だもん」
「……はあはねはんは、はひへへははぁ!」
「中をなくしてから喋ったら? 何言ってるかわかんないわよ」

一瞬で食べ物を口いっぱいにして話す乱馬に、あかねは呆れを含んだ溜息をつく。
誰も取らないというのに、必死で食べるその姿に、「もう少しゆっくり食べたら」と、付け加えようとしたが、言う間を与えなかった。
ごくん、と乱馬が喉を鳴らしたと同時に、お箸がぴた、と止まったと思うと、ごちそうさま、と乱馬は手を合わせ、小さく呟いたために。
こういう所は、意外ときちんとしてる乱馬。
厳しい修行の中、食べ物を得る大変さを知る故か、乱馬は食への執着も強いが、その分感謝の気持ちもきちんと持っている。
更に、食べ方も綺麗で、お弁当箱はご飯一粒も残っていない。
あかねはそんな姿を好ましいと、密かにずっと思っていた。

お箸を片付け、お弁当箱を包む。
ふっと手元に視線を送ると、手際よく、そしてしなやかに動く指先が目に入った。

「……何だよ」

綺麗な指とその運びに、思わず見惚れていたことに気づく。

「べ、別に! 良く食べると思ってただけよ」

見惚れていたなどと、素直に言えるはずもなく、あかねは慌てて話題を変えた。
すると乱馬はじとっとあかねを睨めつけた。

「誰のせいだと思ってんだ……」
「な、何よ」
「誰かさんの料理のせいで腹壊して、昨日はまともに飯食ってなかったからな。腹が減って腹が減って――」

そして遠い目をしながら、ふっとわざとらしい笑みを浮かべた。
思いがけない話題に、あかねはバツが悪くなる。

「……っ! 何よ、修行が足りないのよ」

昨日――
日曜日だった昨日、乱馬とあかねを残して出かけた家族たち。
朝昼はかすみがいたからいいものの、夕食はなかったため、命の危険を感じた乱馬は外食を提案したが、あかねは作ると聞かなかった。

――大丈夫! あたしを信じて!!

と、嬉しそうに、そして力強く言ったあかねだが、結果は散々だった。
故に、誰のせいか、と言うのがわかり過ぎており、しかも逃げずにいてくれただけに、あかねは乱馬に悪いと思っているが――済んだことを蒸し返されたことにムッとする。

「ちゃんと頑張って作ったもん」
「ちゃんと!?」

ぷい、と窓の方を向いてしれっと言うあかねに、乱馬は思わず声を上げる。

「おめーなぁ……味見したか!? してねぇよな! いーーーっつも言ってるけど、味見をしろって!」
「しなくても大丈夫よ!」
「大丈夫じゃねーから、あんなもんが出来るんだろ!」

その言葉に、カチン、と来たあかねは乱馬に視線を戻す。

「あんなもん!? 人が一生懸命作ったのに、そんな言い方ないでしょ! バカ!!」
「何だと!? 大体、一生懸命なら何でもいいってことじゃねーだろ! 味見するのと……頼むから本はちゃんと読めって!!」
「本!? 読んでるわよ!」
「読んでねぇ!」
「読んでる!」
「読んでねぇ! じゃあ聞くが、一体どこに、あの料理が載ってるんだ!? ったく、このままじゃ一生治らねーぞ!! 付き合う俺の身になれ!!」
「治らないって……病気じゃないわよっ!! 見てなさい! 今にヒドイこと言ってすみません、って謝ることになるんだから!!」
「その前に俺が死ぬ!!」
「なっ……何ですってーー……」

死ぬというその余りの言い草に、あかねの背から、怒りのオーラが立ち上がる。
そして、ぷち、っと音がしたことに気づいた乱馬は身構えたが――





「早乙女くん、天道さんにご飯作ってもらったの? いいなぁ~」





揃って、声のする方に視線を向け、固まることとなった。
指をくわえながら、料理の実力など知る由もないひな子が、無垢な瞳で乱馬とあかねを見つめていたために。

「へ……?」
「え……?」

更に、ひな子に倣い、それぞれ色々な作業をしていたはずの生徒全員も、乱馬とあかねを見つめて――見上げていた。

ヒートアップし、立ち上がって言い合いしていたことに気づく二人。

(マズイ……)

だが、時、既に遅し。

「やぁだ! 乱馬くん、あかねの手料理食べたんだ!」
「あかねの手料理ってことは、二人きりだったの!?」
「羨ましいぜ乱馬!!」
「この幸せものーーっ!!」
「夫婦愛だな、夫婦愛!!」

教室中が、からかいの言葉で埋め尽くされ、夫婦だの、愛だのという言葉をイチイチ否定してみるものの、誰も聞いていなかった。
極め付けに――

「そのうち死ぬってことは、また食べるってことだろーー」
「付き合う俺の身、ってことは、一生付き合うのね」

「本当、見せ付けてくれるわよねぇ」
「本当、見せ付けてくれるなぁ」

そんなこと言われては、乱馬もあかねも真っ赤になって、言葉を失うしか出来なかった。




早弁しただけなのに、それだけで、話題を作ってしまう二人。

言葉には、気をつけよう、と今更ながらに思う二人であった。






一日を想う10のお題/通常学校編 より  配布サイト:tricky voice サマ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開
3:気まずい体育館裏(一日を想う10のお題/通常学校編) * HOME * 一日を想う10のお題
  • LINK

Ranma.

※サイト名での五十音順にさせて頂いております。敬称略
+ 1/2の星たち ParallelTwin
+ カエルノオウジサマ
+ Silhouette
+ 呪泉洞
+ 小さなハート
+ chai
+ Nocturnal Bloom
+ Happy Theory
+ BORDER
+ Your smile is the best

Event.

+ らんま1/2 オンラインアンソロジー

Thanks.

+ NOION
+ A Trial Product's Material Place

About Link.

当サイトのリンクはご自由に。
報告は不要ですが、知らせて下さると喜びます。

  • PROFILE
Author:
sea
ADDRESS:
お笑いが大好きなくに
CHARCTER:
思いついたら、考えるより先に
動き出す行動派(?)。お気楽人。
  • CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • COMMENT
[08/06 NONAME]
[06/06 ノゾミ]
  • NEW ENTRY
  • QR
  • SEARCH
Since >>> 2005.12.1
Copyright © vitamin+ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Template by Kaie
忍者ブログ [PR]